ポップアップカード型紙の設計

PC | モバイル


ポップアップカード型紙の設計方法をご紹介します。設計の基本を覚えて、オリジナルのポップアップカード作りにチャレンジしてみて下さい。


・はじめに(用意するもの、線の引き方)

・STEP1 ポップアップカード 立方体を作る

・STEP2 ポップアップカード 建物を作る

・STEP3 ポップアップカード メッセージカードを作る


・はじめに(用意するもの、線の引き方)

・用意するもの

◆A4サイズの紙

やや厚手のものが適しています。(当サイトではキャンソン紙を使用)

赤・青・黒色のペン

ボールペンなど、細い線が引けるものを用意してください。

鉛筆、消しゴム

一般に市販されているものでOKです。

三角定規2つ

垂直線・水平線を引く時に使います。やや大きめのものを。

30cm以上の定規

線の長さをはかる時に使います。


・水平線、垂直線の引き方

1.

定規で長さをはかり、鉛筆で軽く印をつけてください。

2.

三角定規の1つを紙の横側にピッタリとあわせて手で固定します。もう1つの三角定規を1.で印を入れた所までずれないようにスライドさせてください 。

3.

スライドさせた定規と紙を手で固定して、定規に沿って鉛筆で軽く線を引いてください。

4.

目的の長さを定規ではかってペンを入れ、鉛筆で引いた余分な線を消しゴムで消してください。


・STEP1 立方体のポップアップカードを作る

ポップアップカードは立方体の組み合わせを基本にして、建物、文字などを表現しています。ここではまず、ポップアップカードの基本になる立方体を作ってみましょう。

1.

まずはじめに、2つ折にするための中心線を引きます。A4サイズの紙を2つ折にした長さ、上下148.5mmの部分に鉛筆で軽く水平線を引いてください。

2.

次にA面と底面が接地する、立方体を作る基準になる線を決めます。中心線から下、水平に50mmの所に、赤色のペンで幅50mmの線を引きます。

3.

2の基準線の両端から、垂直に黒いペンで50mm上に向かって線を引いて下さい。さらに青色のペンで水平に50mmの線でつなぎます。これがポップアップカードの正面図A面になります。

4.

続いてB面を作ります。A面の両端から、中心線と垂直に黒いペンで50mm上に向かって線を引いてください 。その両端を赤いペンで50mmの線でつないでください。

5.

1で引いた中心線に、A面・B面からなる立体部分まで、赤いペンで最終の中心線を入れてください。

6.

型紙の完成です。赤い線が山折り、青い線が谷折り、黒い線が切り込みを入れる線です。こちらを参考に、ポップアップカードを仕上げてください 。A面に切り抜いた写真を貼り付けるなど、アレンジもできます。


・STEP2 建物のポップアップカードを作る

次に立方体を発展させて、簡単な建物のポップアップカードを作ってみましょう。

1.

まずはじめに、2つ折にするための中心線を引きます。A4サイズの紙を2つ折にした長さ、上下148.5mmの部分に鉛筆で軽く水平線を引いてください。

2.

次にA面と底面が接地する、立方体を作る基準になる線を決めます。中心線から下、水平に30mmの所に、赤色のペンで幅70mmの線を引きます。

3.

2の基準線の両端から、垂直に黒いペンで70mm上に向かって線を引いてください。

4.

3で引いた線の両端から、図のように青色と黒色のペンで角が直角になるように、それぞれ10mmの線でつなぎます。中心線と水平に青い線、垂直に黒い線です。これがポップアップカードの正面図A面になります。

5.

続いてB面を作ります。A面上部の両端から、中心線と垂直に黒いペンで30mm上に向かって線を引いてください。次に中心線と平行に赤いペンで10mmの線を引いてください。

6.

5と同じように幅10mm、高さ30mmの図形をA面の両端まで作ります。

※角が直角になるように線を引いててください。

7.

適当な大きさの窓と扉を作ってください。後でくり抜くので、黒色のペンで塗りつぶします。

8.

1で引いた中心線に、A面・B面からなる立体部分まで、赤いペンで最終の中心線を入れてください。A面に重なった余分な部分は消しゴムで消してください。

9.

型紙の完成です。赤い線が山折り、青い線が谷折り、黒い線が切り込みを入れる線です。こちらを参考に、ポップアップカードを仕上げてください。


・STEP3 文字のポップアップカードを作る

メッセージポップアップカードの作り方です。「HELLO」の文字を立体化します。アレンジ次第で、他の文字もポップアップカードにできます。

1.

まずはじめに、2つ折にするための中心線を引きます。A4サイズの紙を2つ折にした長さ、上下148.5mmの部分に鉛筆で軽く水平線を引いてください。

2.

次にA面と底面が接地する、立体を作る基準になる線を決めます。中心線から下、水平に20mmの所に、鉛筆で軽く幅170mmの水平線を引いてください。

3.

2の基準線を底辺にして、下の図にあわせて図形を作ります。角は全て直角になるように作ってください。

4.

続いてB面を作ります。3で作った図形の青い線の両端から、黒色のペンで垂直に20mmの線を引きます。

5.

4で引いた線の両端を、中心線と平行に赤いペンでつなぎます。

6.

1で引いた中心線上に、A面・B面からなる立体部分まで、赤いペンで最終の中心線を入れてください。A面・B面に重なった余分な部分は消しゴムで消してください。

7.

型紙の完成です。赤い線が山折り、青い線が谷折り、黒い線が切り込みを入れる線です。こちらを参考に、ポップアップカードを仕上げてください。

Handmade Papercraft Club ホームページ(PC)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~m-uet/